本文へ移動

調布女子学生会館便り

調布女子学生会館便り

短冊に願いを

2020-07-14
2020年七夕飾り
七夕お菓子
館長ひとりごと、にも書きましたが7月6日にやっと七夕飾りとお菓子のプレゼントの用意をいたしました。
6月、7月と新入生の方も一人、また一人と東京にやって来られ、全部で今、27名ほどの学生さんが元気に暮らしていらっしゃいます。
緊急事態宣言下の東京でも、新入学の学生さん3人はずっと調布女子学生会館で生活しておられました。逞しい!素晴らしい!
また、二年生以上の方も、おじい様やおばあ様と暮らしているなどいろいろ事情はあるのでしょう、20名ほどの方が頑張って暮らしていらっしゃいました。
もちろん、時には発熱したり体調の悪い方もいらっしゃいましたが、どれも新型コロナ肺炎とは関係ありませんでした。
いまのところ、調布は新規患者数も少なく、平和に暮らしてはいます。しかし、ずっと安全とは言い切れません。
 
そんな皆さんの願事は就職関係だったりいろいろですが、やはり皆、健康を願っていらっしゃいました。
 
心ばかりのお菓子を配らせていただきましたが、新入生歓迎会もできないまま、もしできるならオンライン懇親会など計画するのも良いかもしれませんね。
まあ、残っていらっしゃる学生さんは塾やスーパー、いろいろなところで気を付けながらバイトを続けているようですのでなかなか皆さん都合がつかないかもしれませんが、、。
 
失われた1年、、(1年で済むといいですね!)と人生の中で折にふれ振り返ることもあるかもしれません。ただのロスではなく、何かプラスになることも掴める好機にも変わるといいですね。
コロナで世の中が大きく動き、また今、日本では各地で豪雨災害が出ております。
 
一日も早く、平穏な日々が、友人たちと自由に語り合え、触れ合える日が来ますよう心からお祈り申し上げます。
 
 
TOPへ戻る