本文へ移動

調布女子学生会館便り

調布女子学生会館便り

寒中お見舞申し上げます

2020-01-08
2019ベートーベンはすごい!
西郷どん
スカイツリー
本日は寒い雨です。1月に入り、寒くなってきましたね。暖冬とはとても思えないのですが、、。
 
年末、友人と毎年楽しみにしている小林研一郎氏指揮によるベートーベン交響曲全曲演奏に出かけてまいりました。
昼の1時から深夜零時、まさにニューイヤーになるまでの長い時間の演奏会です。
今年は交響曲一番から、ぴりりと締まった演奏を聴かせてもらえました。
最後の大コーラス付きの九番が終わり、アンコールでコバケンさんが何度も出てきて、びっくりすることをおっしゃいました。
「実は昨夜二時に大学病院に搬送されました」
鼻血が6時間も止まらなかったそうです。今回の演奏会には、医師も二人随行しての参加だったそう。
前日の夜にそんな大変な体調を押しての、長丁場の演奏会です。聴くだけでも体力が要るのにいわんや指揮者をや!です。
 
さすが、炎のマエストロです。コバケンさんの後ろ姿に会場の観客は皆、惜しみない拍手を送りました。
今年は4月にチャイコフスキー交響曲チクルスをされる予定ですが、どうか、傘寿を迎えてお健やかであられますよう心から祈ります。
 
きっと楽団の方も、マエストロの気迫で、緊張感のある素晴らしい演奏を一丸となって奏でたのでしょうね。
 
そんな胸の熱くなるような、少し切ないような気持ちを抱えながら友人と浅草に向かいました。
いきなり西郷さんですが、生まれも育ちも東京ですが実は西郷さんを見るのは初めて。
 
浅草めぐりを始めましたら、スカイツリーがハッピーニューイヤーとひかりながら廻っていました。(少しわかりにくいですね)
 
年末大寒波の予報のせいか、いつも多くの人ですし詰め、警官たちも多数出動の浅草寺も空いていましたよ。
 
私の年末年始の恒例行事です。やはりすごく疲れるのですが、コンサートの聴き応えも素晴らしいですし、やめられそうもありません。
マエストロ・コバケンのご健勝と益々のご活躍を祈るばかりです。
 
皆様にとっても、良いお年でありますようきらきらきらきら
 
 
 
TOPへ戻る