本文へ移動

調布女子学生会館便り

調布女子学生会館便り

RSS(別ウィンドウで開きます) 

梅の花が咲いています。

2017-01-12
天神しだれ梅1
天神しだれ梅2
調布の布多天神社は大きな木に囲まれているせいか、梅の花が咲く時期はいつも遅めだと思っていました。
昨日、資料請求の方にプレゼントさせていただく、天神様の鉛筆を求めに出かけた折に、しだれ梅が咲いているのを見かけました。
このしだれ梅、毎年、卒業式のころに満開になります。
 
寒波襲来で、調布女子学生会館の館生の方も何人か、インフルエンザや風邪に罹っていらっしゃいます。
これから大学受験本番です。
受験生の方はどうか、万全の態勢で試験に臨んでくださいませ。
 
勇気こそ地の塩なれや梅真白
            中村 草田男
 
「地の塩」とは聖書に出てくる言葉ですが、「自らの価値の根源」という意味で使われているそうです。
「勇気」が必要な場面は人生に於いて、決して少なくありません。
立ち向かう勇気、
立ち上がる勇気、
咲きだした梅の花を観ながらピンチの時に思い出したいですね。
 
皆さまの心の花が満開になりますように。

クリスマス

2016-12-26
プレゼビオ
蝋梅
皆さま、温かいクリスマスを過ごされたでしょうか。
新発田市で大規模な火事があり、この寒さのなか避難された方には、お見舞い申し上げます。
 
一つ目の写真は、クリスマスイヴの日の、
教会の前の「プレゼビオ」です。
この日までは、幼子は現れませんが、
今日、幼子が生まれた。
ということで、24日に飾られます。
 
気づくと、蝋梅も咲きだしました。
暖冬と言われていますが、
このブログを書きだしてから一番遅い気がいたします。
 
調布女子学生会館の館生さんたちも、楽しいクリスマスを過ごされたでしょうか。
実は、遅くお帰りの方が多かったです。
 
ひとの恋の電話とりつぐクリスマス
            金子 潮
 
ドラマや映画で見ましたが、
昔は電話は交換手が繋げたもの。
 
昔から、クリスマスは、きっと恋人たちが会う日だったのでしょうね。
 
いまは、「クリぼっち」なんて言葉もあるようですが、、
 
 

イルミネーション

2016-12-13
よみうりランド1
よみうりランド2
調布から京王相模原線の各駅停車で三駅目、よみうりランド駅があります。調布女子学生会館の屋上や、文化会館たづくりの展望レストランなどから多摩川の方角を見渡しますと、多摩丘陵が続いており、そこに遊園地の施設のようなものが見えます。そこが、よみうりランド。
調布あたりの子供たちは自転車で遊びに行く場所です。
また、近くに弁天洞窟があり、そこも子供たちに人気のスポットでした。
以前、このブログでも紹介させていただきましたが、ここ数年、よみうりランドでは秋冬に「ジュエルミネーション」というイベントを開催しています。
事務所のIさんが、先日行かれたので、写真を送っていただきました。
 
私は阪神淡路大震災時に、関西在住でした。
神戸の街の荒廃に大変ショックを受けましたが、その後、ルミナリエが復活した時は、よくここまで、、と感動したことを覚えています。
 
イルミネーションは、希望の光なのでしょう。

紅葉

2016-11-29
神宮外苑2016
今週の東京は、まずまず晴れて、風の強い日が続いています。
東京の紅葉の見ごろは今がピークでしょうか。
写真は、お馴染みの明治神宮外苑の銀杏並木です。
この日は曇っていましたが、黄金色に輝いて美しいですね。
 
調布あたりは昔、武蔵野と呼ばれた場所ですので、所々に雑木林も残っており、里山の風情も楽しめます。
調布女子学生会館からは、駅からバスに乗って深大寺、また、鬼太郎のミニバスに乗って「カニ山」のあたりを散策すると雑木紅葉を楽しめますよ。
上り坂ですが、自転車でも十分行けますので、学生さんにはお勧めです。
 
濃紅葉もよけれど雑木紅葉かな
             星野 立子

冬ばら

2016-11-10
2016冬さうび
立冬をすぎたばかりですが、急に寒くなってまいりました。
夏日が続いたと思うと、突然気温が下がったり。
今年は秋がないのでしょうか?
そんなことを感じながら毎日過ごしております。
 
それでも、我が家の庭のブルーベリーは色付きはじめ、
秋ばらを通り過ごして冬ばらが咲いています。
寒さにあたるとバラの蕾はゆっくりと大きくなり、
凝縮されたような花を咲かせ、花もちもよくなります。
年々歳々花相似たり、
と申しますが、そのようなことはありません。
自然のものはみなそうですが、夏の暑さや雨の量によって、
病気になったり、虫害が多くなったり、毎年いろいろです。
もともとバラは日本のような高温多湿な土地に合わないのかもしれませんが、熱帯夜を耐え忍んで、
芳しい香りの花を咲かせてくれると、心から感謝せずにいられません。
 
おっきくなったね。ありがとう。
 
尼僧は剪る冬のさうびをただ一輪
              山口 青邨
 
冬バラの句は聖書やマリア観音を詠み込んだものも多いですね。
寒気の中、咲き誇る花は孤高で気高く、その香りは年間を通して最も濃密です。
 
寒くなってまいりましたが、
皆さまの美しい花が大きく咲きますよう。
TOPへ戻る