本文へ移動

調布女子学生会館便り

調布女子学生会館便り

館長リカ活中

2019-08-06
きらちゃん
LPCリカちゃん
お恥ずかしながら、館長は只今、絶賛リカ活中です。リカ活、という言葉は私も実は最近インスタグラムなどで知ったのですが、、。
正しくは私の場合、「リカ活」でなく、「リカちゃんキャッスル活」だと思うのです。
数年前、タカラトミーより、大人も楽しめるオシャレなファッションのスタイリッシュ・リカシリーズが発売されました。子供の玩具というには少々高価です。私もそのシリーズから2体ほどお迎えしました。
そのうち、日本橋に勤めていた友人が、たまたま私が携帯の待ち受けに北原コレクションの横浜元町リカちゃんの画像を使っているのを見て、「あなた、リカちゃん好きなの?会社の近くにちいさなお店というのがあってリカさんがいっぱい売っているのよ」と教えてくれました。初めて聞いた時点では「へええ」と聞き流すほどだったのですが、実はそのちいさなお店に売っているのはタカラトミーの人形たちとは別物だったのです。
現在のタカラトミーは人形の生産は中国に拠点を移し、実は福島の工場がタカラから独立して、「リトルファクトリー・リカちゃんキャッスル」として、子供たちも遊べるように、工場見学もできる場としてお人形の制作、販売をしていたのです。
比べてしまうと、中国製の大量生産品のお人形の顔と、一体一体丁寧な職人技で目を入れ、植毛された人形は全く違うのです。
 
オンラインショップもありますが、その製品見本写真よりも実物を手にとると、明らかに美しいのです。
そして、たとえ同じリカちゃんでも、一人一人顔が微妙に違いますし、何よりみんな美人さんなので、コレクションが増えてしまいました。
そのなかでも、私は「きらちゃん」という人形に惹かれて、(きらちゃんは大人気でリカちゃんより高値で売買されることも)、どうして私はこんなにこの子に惹かれるのだろう?と答えを求め、同好の方を求めてインスタグラムを覗いたりしております。
 
力を込めて言いたいのは、やはり日本人の職人技と技術力の高さ、美的センスの鋭さです。今治タオル然り、岡山のインディゴ染しかり、やはり本物は人の心を捉えて離さない魅力がある、ということ。
MADE IN JAPAN 万歳!です。皆さまも福島の小野町にある「リカちゃんキャッスル」にぜひお出かけになってくださいね。
かく言う私も、まだ行けていないのですが、、、。