調布女子学生会館便り

調布女子学生会館便り

 

桜が満開です

2018-03-30
大正寺2018
昨日の東京は夏日、確かに昼間に外を歩くと半袖でもいいような暑さでした。暖かい日が続き、桜も満開になり、今日は風も強いので花びらが散っています。でもまだまだ見ごろです。
先日マツコの知らない世界で紹介されたそうですが、調布の野川ライトアップが今日開催されるらしいですよ。
毎年、突然開催が決まっても、どこからともなく多くの人々で大変混雑しているので、今年は知名度が上がり、ますますの混雑になるかもしれません。
ひと夜かぎりのライトアップですが、とても幻想的で美しいですので、一見の価値はあります。
調布女子学生会館の学生さんにも是非見てもらいたいですね。
 
写真は調布駅近くの大正寺の桜です。ここもなかなか綺麗でした。
 

今年の桜は早いですね

2018-03-27
2018道沿いの桜
今年の冬は、記録的な寒さだったにも関わらず、桜が咲きだしてからは暖かい日が続き、東京では木によって個体差があるものの、見ごろを迎えています。
それなのに、近所の桜の写真しか撮れませんでした、、。なんだか今年は公私ともに忙しくて、なかなか桜見物に出られそうもありません。それでもやはり、桜見物に出かけたくて仕方ありません。
調布女子学生会館近くの桜見物お奨めスポットとしては、多摩川べり、また、深大寺のほうに向かって、野川沿い(ライトアップもあるかもしれません。とても幻想的ですよ)などがあります。
皆さまがお住まいの街ではどうでしょうか?新入館生がいらっしゃる4月を過ぎても、新宿御苑などでこんどは八重桜が見ごろです。父が言うには、そのころ、桃の郷、山梨では桃の花が見ごろだそうです。
世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし
という在原業平の歌のように、あっという間に散ってしまう桜だからこそ、また、少し重たい春の空に似合う花だからこそ、観たくなる存在なのでしょうね。私も少し焦ります(笑)
 

調布市役所の河津桜が咲きました

2018-02-20
2018河津桜
毎日のように通っていても、いつの間にか気づかぬうちに咲いている、可憐な河津桜です。市役所の敷地に一本だけ植えられています。今朝、やっと桃色の花に気づきました。
このところ、毎日バタバタと過ごしており、周りの変化にも気づかなかったんですね。
ただ、確実に陽は長くなりましたし、寒さのなかにも春を感じるこの頃です。
庭のバラの剪定をしなければならないのに、やれないまま時が過ぎてしまっています。剪定して施肥しなければ大きな花が咲きません。植物の手入れも日々の努力です。
これから国立大学の入試を控えている方たちにも、大きな花が咲きますよう、お祈り申し上げます。
私自身の思い出では、大学受験の時は風邪をずっとひいていて、体調が絶不調だったですが、どうか皆さま、体調管理に気を付けて万全の態勢で臨んでくださいませ。
 
さくら、咲きますように、、。

鏡開きおしるこパーティー

2018-01-12
おしるこ
おしるこパーティー
DVD鑑賞中
寒中お見舞い申し上げます。
西日本を中心に、大雪になったり、冬本番の寒さが続いています。
来週からはテストの大学が多いなか、十数名の学生さんが、恒例の「鏡開きおしるこパーティー」にいらしてくださいました。
館長と御子柴さんが前日から煮た小豆のお汁粉、けんちん汁のお雑煮とDVD鑑賞会です。
今年はエマ・ワトソンの美女と野獣、菅田将暉さんの帝一の國、という二本立てのチョイスでしたがどうでしたでしょうか。
美女と野獣については、エマ・ワトソンがとても綺麗になったこと、そして帝一の國では時折、笑い声が、、。
楽しんでいただけたら幸いです。
お餅や、ふだん不足しがちな根菜などの入ったけんちん汁であったまって、皆さん、後期試験を乗り切ってくださいね!
影ながら応援しています!

冬至

2017-12-22
橘
東京は陽射しいっぱいの冬至の日となりました。
本日は一年で一番陽が短い日。これから一月にむけて寒さも厳しくなってまいりますが、畳の目ひとつずつ陽が伸びると言われており、一陽来復、春へと一歩ずつ向かうはじまりの日でもあります。
受験生の皆さんにあたたかい春が来ますよう!
 
今年も良し悪しいろいろなことがありました。
日野原先生のお言葉に
「いのちを大切にするということは時間を大切にするということ」
とあり、最近飛ぶように時が過ぎ去るばかりなのでぜひ来年の標語として大切にしたいと思います。
人生、悔いなく幸せでありたいですものね。
 
2018年が世界中の方にとって、願わくは良い年でありますよう祈っております。
 
良いお年をお迎えくださいませ。