本文へ移動
東京の調布女子学生会館で
安心・安全に女子学生の一人暮らし
東京の調布女子学生会館で安全・安心な女子学生生活!

調布女子学生会館からのお知らせ

西日本集中豪雨お見舞い~ど真ん中・おおつち共同組合より~
2018-07-12
メールマガジンに、このようなお見舞がきておりました。
 
 
西日本集中豪雨で被害に遭われた皆様、心よりお見舞い申し上げます。
日に日に被害が広がっている様子を、報道で見るだびに、心を痛めております。
山々が保水を諦め崩れて行くほどの大雨、どんなにか大量の雨に襲われたのか想像するに難しく、自然の恐ろしさをまたしても見せつけられた気がします。
津波経験者の私たちで会話に出るのは、こちらの津波と違い、水は長時間に及び引かずに、その中でどんなに怖い思いをされたことか。また、こっちの津波はきれいに何もかも持っていったけど、瓦礫と泥を残された西日本の被害の方がなんと大変そうなことかと、みんなで話しています。
そして、当時は津波の後の雪をなんとも恨めしく思ったものですが、水害の後の猛暑は地獄ような苦しみとお察しいたします。
被災地の皆さま、どうか無理をなさらず、体調管理を一番に考えてください。そして、そばの方々とお互いに励まし合って、心をしっかり持って下さい。決して、一人ではありませんから、そして、今の最悪の状態には終わりがあります。なんとか、堪えてください。
東北から、これ以上の被害が出ませんよう、祈っております。(原文ママ)
 
調布はいままで、多摩川の河川敷をのぞけば、災害と殆ど無縁の地でした。
山を背負うわけでなく、多摩川からあがった場所に、調布女子学生会館は建っています。
西原理恵子先生が東日本大震災の時、コメントを求められ、何も浮かんでこなかった、体験したことなら漫画で描ける、、。
と紛争地帯で生まれてくる赤ちゃんたちのことを描かれていました。
私も、正直に申しますと、経験したことのない、未曾有の事変に、何も言葉がありません。
東北で津波の被害に遭ったひとたちからの言葉は、力強く、あたたかく、被害に遭われた方々を励ましてくれるものと、転載させていただきました。
 
TOPへ戻る