本文へ移動

調布女子学生会館便り

調布女子学生会館便り

RSS(別ウィンドウで開きます) 

初冬

2011-11-17
パンジー
立冬11月8日から、小雪11月23日までを
初冬
といいます。
山や川、田畑の風景、街路樹なども冬めいてまいりました。
 
冬の白い野菜には、体を温めたり、消化をたすけたりする効果があるものが多いです。
白菜などもレンジでチンして、時短料理でビタミンを摂りましょう。
風邪がはやっております。
ご自愛くださいませ。
 
初冬や灯明りに拝む厨子の像    滝井 孝作  ・・・深大寺にて

七五三

2011-11-14
布田天神
11月15日、数え年で三歳と五歳の男児、三歳と七歳の女児の祝いを七五三といいます。
11月15日はかつては二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)にあたり、何事をするにも吉であるとされています。
七歳の女児にとっては、これまで紐のついた着物だったのを帯にかえることを意味し「帯解」または紐直し、という行事の名残りらしいです。
五歳の男児にとっては、始めて袴を着けさせ披露をすることであったといいます。
 
幼子のもてば地にふれ千歳飴
          山口千種
 
布田天神社では七五三詣りを受け付けています。学問の神様です。ただ今工事中

時雨

2011-11-11
赤い冬薔薇
今日の東京は寒い雨です。
時雨というよりは冬の雨という感じです。
明日はまた温かくなるそうです。
 
時雨は秋から冬にかけてにわか雨のように降る雨。
万葉集のころより、紅葉を色づかせまた散らす雨として歌に詠まれています。
 
季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でございます。
皆さま、温かいものを召し上がって
ご自愛くださいませ。
 
雲なきに時雨を落とす空が好き
          高浜虚子
 
 

霜月

2011-11-09
菊の花と烏うり
陰暦11月の異称です。
冬の様子も深くなり霜が厳しくなる頃で、ほかに霜降月、雪見月などとも呼ばれます。
10月が出雲大社に神様が集まり
島根県以外は神無月と呼ばれるので、神帰月、神楽月という呼び方もあるそうです。
 
神々の宴は盛り上がっているでしょうか。
以前、出雲大社にお詣りした時、まるで神様のホテルのような可愛らしいお社が沢山あるのに驚きました。
出雲大社では神在祭がただいま催されています。
 
  霜月や日ごとにうとき菊畑
            高浜 虚子

立冬

2011-11-08
四季咲き薔薇
今日は立冬です。
立冬から、立春の前日の節分までが暦のうえでは冬ということになります。
昨日までは小春日和が続いていましたが今日の東京は少し寒いです。
風邪が流行ってきています。
くれぐれもご自愛くださいませ。
 
庭に薔薇が咲きました。
寒中にに咲いているのを寒薔薇という。霜や雪にもめげずに咲き出た薔薇の花は冬のものとは思われないほど美しい。         平凡社  俳句歳時記より
 
冬薔薇ふゆそうび、は1月の季語です。
 
つるばらの冬さくばらの白さみよ   久保田万太郎
TOPへ戻る