本文へ移動

調布女子学生会館便り

調布女子学生会館便り

RSS(別ウィンドウで開きます) 

お正月飾り

2011-12-26
クリスマスが終わったら今度はお正月の準備です。
門松を立てる家は東京では少なくなりました。
企業、会社では早めに立てるようです。
門松は本来なら、歳末の27,28日に立てるものです。
お正月飾り、は普通12月28日か30日につけます。
写真は調布の天神通りフローリスト・ルルの可愛いお正月飾りです。
フラワーアレンジメント教室も開いています。素敵なお花屋さんですよ。徒歩7分
 
大掃除の季節です。身の回りのものをすっきりと整理しましょう。
 
大掃除、煤掃(すすはき)、煤払、、など仲冬の季語です。
 
旅寝してみてやうき世の煤はらひ
 
           芭蕉(笈の小文)

冬至

2011-12-21
蠟梅
明日12月22日は冬至です。
太陽が南緯23.5度上に直射する時で、正午の太陽の高度が一年中で最も低く、日照時も一年中で最も短い日です。
冬至には柚子湯を立て、お粥を食べたり南瓜を食べれば無病息災になるといいます。
古来、一陽来復の嘉節と言われています。
一陽来復とは、冬が終わって春がくる。
悪いことが続いたあとには幸運が訪れる。
という意味があるそうです。
 
これから寒くなるばかりです。
しっかりと健康管理して
春を待ちましょう

クリスマス降誕祭

2011-12-20
クリスマスツリー
今週末はいよいよクリスマスイブです。
12月25日はキリストが誕生した日、クリスマスというのは皆様ご存知の通りです。
第二次世界大戦後、日本はキリスト教国でもないのにクリスマスが一般化しました。
ヨーロッパでは特にドイツがクリスマスを盛んに行うといいます。
皆、クリスマス休暇に入って楽しい時を過ごします。
 
大聖樹そこより緋毛氈(ひもうせん)の階
             関 圭草
写真は調布市文化会館たづくりのクリスマスツリーです。
調布市立中央図書館、学習室、音楽練習室などがあります。徒歩2分

ポインセチア

2011-12-19
ポインセチア
クリスマスシーズンになると、ひときわ目立つポインセチア。
ポインセチアはメキシコ、中米原産のトウダイグサ科の灌木です。
クリスマスのころ、頂上の大小十数枚の包葉が花弁のように赤く色づき、濃い緑の下葉と対比して美しいものです。
クリスマスカラーの定番、赤、緑、白。
緑は永遠の命、
赤はキリストの流した血、愛をあらわし、
白は春を待つ希望をあらわす、
と言います。
あたたかな春を、純粋な心で待ちましょう
 
これは徒歩5分の調布パルコの花屋さんのポインセチアです。

冬桜

2011-12-16
十月桜
冬桜は晩冬の季語で、群馬県藤岡市にある桜山公園には国の名勝、天然記念物に指定されている七千本の冬桜が咲いています。(12月上旬まで見ごろ)
 
この花は十月桜で、京王フローラルガーデンアンジェで今、可憐なピンクの花を咲かせています
徒歩5分
TOPへ戻る