調布女子学生会館便り

調布女子学生会館便り

冬至

2017-12-22
橘
東京は陽射しいっぱいの冬至の日となりました。
本日は一年で一番陽が短い日。これから一月にむけて寒さも厳しくなってまいりますが、畳の目ひとつずつ陽が伸びると言われており、一陽来復、春へと一歩ずつ向かうはじまりの日でもあります。
受験生の皆さんにあたたかい春が来ますよう!
 
今年も良し悪しいろいろなことがありました。
日野原先生のお言葉に
「いのちを大切にするということは時間を大切にするということ」
とあり、最近飛ぶように時が過ぎ去るばかりなのでぜひ来年の標語として大切にしたいと思います。
人生、悔いなく幸せでありたいですものね。
 
2018年が世界中の方にとって、願わくは良い年でありますよう祈っております。
 
良いお年をお迎えくださいませ。