調布女子学生会館便り

調布女子学生会館便り

 

10月尽

2017-10-31
黄葉 調布布多天神社
2017調布女子学生会館ハロウィン
雨の多い10月でした。
子供のころから、10月の澄み切った秋空のイメージがあるのですが、近年、地球の大きな環境変化なのでしょうか、四季を感じられなくなってきたようです。
雨の日は傘をさし、足元ばかり見て歩きます。
昨日、久々の青空が広がり、寒い風も吹いて、木枯らし1号を記録いたしましたが、
お久しぶりの近所の木を見上げたら、黄金色に光っていました。
また、今日は昨日に比べれば風も穏やかですが、朝あちこちに、黄色い葉っぱの山。
ああ、秋だなあ、お掃除お疲れ様です、、と思いつつ通勤いたしました。
まだまだ夏の気分を引きずっている9月、台風が二つも通り、秋気分に浸れなかった10月ですが、
時は確実に、秋を深めていきます。
気温差が激しい時期ですので、皆さまくれぐれもご自愛くださいませ。

神代植物公園秋のバラフェスタ

2017-10-20
秋バラ 神代植物公園
今月7日より、調布市の都立神代植物公園のバラ園で、「秋のバラフェスタ」開催中です。中旬が見ごろ、ということで、天気は悪いですが、今まさに見ごろなのでは。
10月中の土日は朝8時より開園し、香りの強い朝のバラを楽しむことができます。
また、元資生堂のパフューマー、蓬田勝之さんの講習会をはじめ、ポプリを作ったり、ボランティアガイドなど、楽しそうな企画がいっぱいですので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてくださいませ。
日曜日には、バラ園コンサートも開かれる予定で、11時、14時の二回です。
台風が近づいていますので、今週末はなんとも言えませんが、、、。
私は香りのある花が大好きで、なかでも強香の品種のバラが好きです。
バラの香りと言っても、ダマスク香、ミルラ香、シトラス香、ハニー香、、などいろいろと形容されておりますが、生花の得も言われぬ香りは決して人が再現できるものではないと信じています。その証拠に探し続けても、いままで開きたての朝のバラの香りと同等なパルファンに出会っておりません。もし、ご存知の方がいらっしゃったら、ぜひぜひ教えていただきたいと思います。
 
年々歳々花相似たり、ともうしますが、姿容は似ていても、同じバラ、同じ香りもあり得ないもので、人間と一緒だな、と心から思います。

トリエ調布が開店しました

2017-09-29
トリエ調布ビックカメラ
映画の街、調布に念願のイオンシネマ、ビックカメラ、成城石井やレストラン、ショップの入った三つのビルで成り立つトリエ調布が、本日オープンいたしました。
今朝はビックカメラの前に長蛇の列ができており、オープニングセールも各ショップで行っているようです。
調布女子学生会館の学生さんも、アルバイトに応募された方がいて、ここ数日はてんてこまいの忙しさなのではないでしょうか。
調布は、以前は調布ヶ丘にマイクロソフト社の研究所もありましたが、あまり外部からの人の流入のない住宅地だと思います。
在館生の方で映画好きな方もいらっしゃり、私も気楽に行けるなら、多くの映画を楽しみたいです。
しかし、人込みが苦手なので、もう少し落ち着いてから出かけようかな、と思っています。
人間を大きく分けると、外交的な人、内向的な人と分類できるのでしょうが、私はどちらかというと内向的、、なんて書きますと、友人たちからブーイングが飛びそうですが、自分ではそう思っております。人間は複雑ですから、外も内も何パーセントかずつ、入り混じっているのでしょうね。
学生会館の皆さまが楽しめそうな場所が増えて、とりあえず喜んでおります。

彼岸すぎまで

2017-09-25
調布の祭囃子
2017きんもくせい
雨の予報でしたが、秋分の日の天気はどうやら持ちこたえたようで、お祭りも盛大でした。
今日は夏日となり、25日ですので、続いて調布の布多天神社のご縁日でお店も出ています。
調布女子学生会館のお部屋を補修、改修してくださる工務店さんは、ボーイスカウトの隊長もされており、このような町の祭りには子供たちを引率して神輿担ぎをしています。ここ数日は忙しかったのではないでしょうか。
たまたま、23日に調布駅の広場を通りかかったら、山車の中で獅子舞をやっていました。
調布市民ですが、実は初めて拝見いたしました。
実は、動きがペットのシーズーにそっくりで、笑ってしまいました。
 
帰り道に、ふわりと濃密な甘い香りがいたしました。
ああ、金木犀がどこかで咲いている、、と思って、季節の移り変わりを体感せざるを得ませんでした。
どこの花かと思ったら、布多天神社の境内でした。
 
木犀香
   なつのノオトを
         閉じよとや
 
 
 
 
 

秋まつり

2017-09-21
秋空
今日は久々にからりと晴れました。写真は今朝の空ですが、秋の顔。
一緒に写っているのは、上布田町の神輿が納められている納庫です。
 
明後日、秋分の日より三日間、調布の布多天神社の例大祭がとりおこなわれ、
23日には神輿に「みたまうつし」の儀のあと、街を練り歩きます。多くの人出で、旧甲州街道は通行禁止となります。
私の暮らす地域では、やはり地域のコミュニティーは濃密とは言い難く、こうして神輿の保存、管理、祭の運営に携わる方たちには頭が下がるばかりです。
さあ、今週の土曜日から「秋の夜長」が始まります。まだ心の片隅で夏がくすぶっているのですが、、、もういい加減に片づけないと。
気候の良い季節、学生の皆さまは勉学の秋、頑張ってくださいませ。